山川健一さんが語る 鮎川誠&シーナ夫妻とストーンズを演った思い出のスナップ

公開日: 更新日:

山川健一さん(70歳/作家・ロックミュージシャン)

 バンド経験も豊富な作家の山川健一さんの秘蔵写真はシーナ&ロケッツのライブに出演した時のスナップ。ともにローリング・ストーンズ好きの鮎川誠さん(膵臓がんのため今年1月に逝去、享年74)との思い出を語る。

 ◇  ◇  ◇

 下の写真は鮎川誠さんとシーナ(2015年逝去、享年61)の長女の鮎川陽子ちゃんがつい先日送ってくれたものです。「最近みつかったかっこいい写真、送ります!」とメールをくれて。

 シーナ&ロケッツが1997年にインターネットライブを原宿で行った時のものです。

「ストーンズを一緒に演りたいから、ヤマケン来てよ」と誘われて行ったんです。ボーカルのシーナが女性でストーンズはできないから、鮎川さんがストーンズ演りたい時にしばしば呼ばれて、何本もライブを演っていたんです。僕と共著で「ローリング・ストーンズが大好きな僕たち」という本を出すくらい好きでしたから。

 その日はまずシナロケが演奏した後に僕が入って、ミック・ジャガーのパートを歌い、シーナがコーラス。これはその日の店のどこかでの写真です。僕は44歳かな。シーナと僕は同い年で鮎川さんが5歳上。

 97年にインターネットライブを演るくらいだから、鮎川さんはネットに取り組むのが早いミュージシャンでした。ネットでライブを配信した日本で最初のバンドかもしれない。

 鮎川さんと初めて会ったのはまだ80年代。僕が自分のバンドを持って最初のCDを出した30代前半、シナロケが同じレコード会社でした。僕らのライブを新宿で演る時にレコード会社のつてで鮎川さんがゲスト出演してくれたのが最初かな。

 その時、鮎川さんがアンプにつなぐとボリュームをマックスにして弾き始め僕は唖然。でも、そのライブで意気投合して付き合いが始まりました。鮎川さんの下北沢の自宅と僕の初台の仕事場を行き来するという、ロック好きの高校生の先輩後輩みたいな関係でしたね。

 シナロケのライブ以外にも、鮎川さんと2人で都内の書店や地方のデパートの屋上をドサ回り的に回ったイベントも30本くらいやりました。互いのマネジャーが企画したんだと思います。ロックについてのトークをした後、僕がハーモニカとボーカル、鮎川さんがギターで簡単なライブ。終わるとその場でギャラをもらう、まるで芸人の営業みたい。

 僕が「ライブハウスじゃないんだから、アコースティックギター持ってきなよ」と言っても、鮎川さんはいつもエレキのレスポールとアンプを持ってくる。しかも、爆音で弾く。仕方ないから僕も絶叫で歌う(笑)。

 ストーンズは新アルバムが出ても、他のバンドのように業界人にサンプルを配らないけど、アルバムが「ダーティー・ワーク」(86年)の時かな、レコード会社の人が仕事場に持ってきて特別に聴かせてくれたんです。鮎川さんが「俺も聴きたい!」とシーナを連れて来たから、レコード会社の人も驚いちゃって。

 で、鮎川さんと深刻な顔で一曲聴くたびにうなったりして。シーナには「いい大人がストーンズ一曲聴くたび一喜一憂すんな」と呆れられました。

 アメリカのアトランティックシティーでのストーンズライブにも一緒に出かけ3日間見ました。初日、ライブの出来がよくなくて、ホテルに戻ってから僕が「ストーンズは終わった!」と嘆いたらシーナに叱られた。

「ストーンズは今まで何本のライブを演ってきたと思ってんの。1本のライブの出来がよくないからって、終わったとか言ってんじゃない」

■母親みたいな女性だったシーナさん

 2日目、3日目は出来がよく、「ストーンズ最高!」と鮎川さんと手を取り合って喜んだらまたシーナに呆れられて。

 鮎川宅に行くと大きな犬が走り回り、3人の娘さんがいて賑やか。よくコーヒーを飲みました。鮎川さんとストーンズの話ばかりしていると、シーナから「人のことはいいから、アンタたちは自分の音楽を演ればいいんだよ」と叱られた。彼女は素晴らしいボーカリストでありながら、母性を感じさせました。3人の娘の母だけでなく、鮎川さんにも友だちの僕にとっても母親みたいな女性でした。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道