碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

テレ東「沼オトコと沼落ちオンナ」若手女優の競演に沼りそうな深夜のオアシス

公開日: 更新日:

 水ドラ25「沼オトコと沼落ちオンナのmidnight call~寝不足の原因は自分にある。~」(テレビ東京系)は、いわゆる連続ドラマではない。30分の連作短編が並ぶ、オムニバス形式だ。

 タイトルの「沼オトコ」とは一度ハマると抜け出せず、もがくほど沈む底なし沼のような男を指す。そして、そんな男たちの魅力に沼ってしまったのが「沼落ちオンナ」だ。

 第1話は「計算沼」。カメラマン助手の南祐希(杢代和人)はきめ細かな気配りができる、人たらしだ。しかし、その言動の背後には緻密な計算があった。

 広告プランナーの白岩夏(小西桜子)は警戒していたにもかかわらず、つい祐希にひかれていく。

 第2話に登場したのは「不器用沼」だ。水元若葉(工藤遥)は、同期入社の深谷翔太郎(武藤潤)が気になる。小さなドジを繰り返す姿に母性本能をくすぐられ、放っておけないのだ。ところが、仕事でミスをして落ち込む若葉を励ましてくれたのも翔太郎だった。実は若葉も彼と同じ不器用な人間であり、それを隠していた自分に気づく。

 これは「恋愛あるある」のカタログのようなドラマだ。しかも沼オトコたちはどこか爽やかで、沼落ちオンナたちも輝いている。恋愛という沼は「ハマった本人がシアワセならそれでいいのだ」とさえ思わせる。小西や工藤といった期待の若手女優の競演に沼りそうな、深夜のオアシスだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今