フジテレビ「ぽかぽか」に3月打ち切り説…お荷物番組“究極の選択”で局内が真っ二つ

公開日: 更新日:

 フジテレビが“究極の選択”を迫られているという。フジを悩ませているのは、完全にお荷物番組と化した昼のバラエティー「ぽかぽか」の問題。今年1月9日の初回放送以来、視聴率は低迷し週間世帯視聴率は2%弱。個人に至っては1%を切る体たらくだという。

「低視聴率を理由にわずか9カ月で終了となった前番組の『ポップUP!』とそれほど変わらない視聴率で、局内からは来年3月で打ち切るべきとの声もあがっています、しかし局内の意見は二分しています。営業を取るのか、あるいは厳しい時に唯一、救いの手を差し伸べてくれた、ワタナベエンターテインメントとの関係を優先するのか。ナベプロは同番組でMCを務めるお笑いコンビ・ハライチが所属しています」(芸能プロ関係者)

 別のキー局関係者はこう話す。

■ナベプロとの“密約”

「フジとナベプロは昔から強固な絆で結ばれている。現在、フジテレビはキー局のなかで最低視聴率で、多くの芸能プロダクションが一押しタレントの出演を出し渋る傾向にあるわけです。そんな中、ナベプロだけが見捨てずにタレントを供給し続けてきた。低視聴率ながら、番組を継続しているのが『呼び出し先生タナカ』です。他局ならとっくに打ち切りですが、フジは代替番組を用意できず、ナベプロも泣く泣くアンガールズの田中卓志を出演させているわけです。全てフジとナベプロの絆です。もうひとつフジを悩ませているのがナベプロとの密約です。『ぽかぽか』スタート時、視聴率が取れなくても、最低でも2年は続けると編成担当者が約束しているといわれています」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

  3. 3
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  4. 4
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  2. 7
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 8
    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

  4. 9
    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

  5. 10
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格