芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

Snow Man目黒蓮「トリリオンゲーム」を襲う日テレの“夏ジブリ”攻撃…今年は1カ月前倒し

公開日: 更新日:

 Snow Man目黒蓮(26)の単独初主演ドラマ「トリリオンゲーム」(TBS系)は予想を裏切るスロースタートとなった。7月14日の初回視聴率は7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と決して悪くない数字だが、目黒には2ケタ台が期待されていた。

 目黒が昨年10月期に出演した「silent」(フジテレビ系)は「TVer」の見逃し配信再生数の記録を塗り替え、今年3月に公開された主演映画「わたしの幸せな結婚」は公開10週目で興収27億円を超えるヒットを記録。ドラマの開始直前にファッション誌「ViVi」の“国宝級イケメンランキング”で目黒が堂々の1位に輝く強力な追い風も吹いた。

 それにもかかわらず、スロースタートになった理由として、SNSでは《ジブリをぶつけられてめめが可哀相…》というコメントも見られた。「トリリオン──」の裏で日本テレビ系金曜ロードショーがスタジオジブリ製作の「コクリコ坂から」をオンエアしたことで視聴者を奪ってしまったと擁護するファンも多い。

 例年、日本テレビは子供たちが夏休みに入ると“金曜ロードショー”でジブリ作品をオンエアする。昨年も8月12日に「天空の城ラピュタ」、19日に「となりのトトロ」、26日には「耳をすませば」を放送して、10~13%台の好視聴率となった。今年は宮崎駿監督の新作「君たちはどう生きるか」の公開もあって、日テレは約1カ月前倒しで“夏ジブリ”をスタートさせた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?