桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「シッコウ!!」で脇役に回った“シン・織田裕二”に期待 お手本は石黒賢、北大路欣也、要潤

公開日: 更新日:

 織田裕二にはコートがよく似合う。「東京ラブストーリー」のカンチは白いステンカラーコート、「踊る大捜査線」の青島刑事はカーキ色のモッズコート。どちらも今風な言い方をすれば「織田売れ」し、街中に織田もどきの若者があふれたものだ。「外交官 黒田康作」の黒いトレンチコートも印象的だった。

 そして4日スタートの「シッコウ!!~犬と私と執行官~」(テレビ朝日系)でも織田はコート姿だった。オフィシャルの人物紹介によると「いつも同じ緑のコート、革のカバンを持っていて、身なりはあまり気にしない」とある。この暑い時季に厚めのコートという、なんとも季節外れないでたちだが、それも過去のヒットドラマを意識しての設定かもしれない。

 ドラマは始まる前から話題になっていた。理由は織田が主役ではなく脇役扱いだから。主役は伊藤沙莉で織田は伊藤の上司の執行官という役どころ。若い頃から主役一筋、脇に回るのは30年ぶりというから話題にもなるというものだ。

 第1話を見たが、「執行官」の仕事がよくわかり、興味深く見ることができた。あまり馴染みのない執行官にスポットを当てたのがいい。裁判所の決定が実現されない場合、強制的に執行する仕事ということで、第1話は家賃滞納で退去命令が出ているにもかかわらず出て行かない夫婦のエピソードだった。

 主人公の伊藤、そして織田の他、執行官室には事務員役の中島健人の他、室長の勝村政信、渡辺いっけい、菅原大吉とおじさん3人衆もいい感じ。令和の「スリーアミーゴス」になるかも。「相棒」や「科捜研の女」「特捜9」などテレ朝はロングランの連ドラをヒットさせてきたが、そこに連なる予感がする。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい