淡谷のり子さんと歌番組で共演 派手なドレスだし、てっきり怒られるかと思ったら…

公開日: 更新日:

 それでリハーサルが終わってステージ袖に向かっていったら……。「ちょっとお~、そこのお~、ドレス着ているひとお~。チョット、あなたよ!」って、淡谷さんに言われたんです。

「わたしですか?」って。派手な衣装だし、てっきり怒られるかと思ったの。「な、なんでしょうか?」って緊張して答えたら、「すてきよお~」だって(笑)。「そ~ゆ~ドレス、着る人いないから。いいわよ」って。言われた瞬間、うれしくて「そうですか。ありがとうございます!」って。これからずっとこの衣装を着ようかと思ったくらいです(笑)。もう40年近く前のことですね。

 その後、数年経って、「ものまね」番組の総合司会をやっていたときのこと。本番前に打ち合わせをしていたら、淡谷さんがいらっしゃった。「おはようございます」ってご挨拶したら、淡谷さんがアタシの顔見てニコッと笑いながら「ご無沙汰してます」って。覚えていてくださったんですよね。感激しました。

「ものまね」番組で思い出したんですが、清水アキラ君がその番組の常連で、淡谷さんにいつも最低点を出されていたのね。下ネタが多いから。で、セロハンテープを使ったアタシの顔真似をしたら、淡谷さんから初めて満点をもらったの。アキラ君のアタシの顔真似は凄まじいものがあるけど、真剣で愛情を感じるからアタシは大好き。そんなこんなで、淡谷さんとは何かとご縁があったのかもしれませんね。

(構成・藤井優)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」