石井竜也も郷ひろみも「喉の不調」訴え…相次ぐ公演中止の背景とコロナ第9波との因果関係

公開日: 更新日:

 音楽関係者から「またか」の声が上がっている。全国ツアー中のバンド「米米CLUB」が今月2日に予定していた神戸公演を当日に中止を発表。理由は、カールスモーキー石井こと、ボーカルの石井竜也(63)の喉の不調と公式サイトで説明された。

 先月には、郷ひろみ(67)が「喉の炎症が悪化した」として、福島と埼玉県でのコンサート中止を発表。音楽ユニット「Superfly」もボーカル越智志帆(39)の喉の不調により、全国ツアーの横浜公演を中止とした。

 どうして、こうも中止が相次ぐのか。しかも、揃いも揃って、理由は喉の不調である。

「ミュージシャン、とくにボーカルはライブで歌っていないと喉が弱くなり、発声が悪くなるそうです。コロナ禍で、コンサート自粛の流れがつづき、やっても無観客だったりした影響がそこここに出ているのでしょう。コロナ禍でも、小規模でのライブをし続けたミュージシャンがスタジオで歌うのと、観客の前で歌うのとでは違うんだと話していました」(芸能プロデューサー)

 となると、長引くコロナ禍の後遺症というわけか。厚生労働省によると、全国の新型コロナ感染者は7週連続で増加、第9波がはじまったとする専門家もいる。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路