若村麻由美「20年ぶり連ドラ主演」に熱視線 乗り越えた巨漢教祖の夫との死別と謎の私生活

公開日: 更新日:

 7月20日にスタートする連続ドラマ「この素晴らしき世界」(フジテレビ系)。主演を務めるはずだった鈴木京香(55)がクランクイン初日の撮影を終えた直後に体調不良を訴え、5月11日に降板を発表したことで、代役に若村麻由美(56)が決まった。若村が地上波連続ドラマで主演を担うのは、2003年の「夜桜お染」(フジテレビ系)以来約20年ぶり。

「若村は1987年にNHK連続テレビ小説『はっさい先生』で女優デビュー。その後も映画、ドラマにコンスタントに出演を続けてデビュー37年目を迎えるベテランです。しかし、バラエティー番組やトーク番組に出演することがほとんどないので、その素顔や私生活はベールに包まれています。昭和の雰囲気を漂わせる大女優と言っていいでしょう」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 若村は、高校卒業後、仲代達矢(90)主宰の俳優養成所・無名塾に入る。養成期間中に「はっさい先生」のオーディションに合格し、以後、順調にキャリアを積み重ねていた。ところが03年に、突然、宗教団体「釈尊会」の教祖・小野兼弘氏との結婚を発表。14歳年上の新興宗教団体の教祖で、体重150キロ超の巨漢と人気女優というアンバランスな組み合わせに、ファンは度肝を抜かれた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至