桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

テレ東音楽祭の裏テーマは「広末涼子へのエール」か? 篠原涼子や斉藤由貴がゲストの意味深

公開日: 更新日:

 広末涼子がMCを務めるはず(!?)だった28日放送「テレ東音楽祭2023夏」を興味深く見た。5時間の生放送で、テーマは「思わず歌いたくなる!最強ヒットソング100連発」。

 総合MC国分太一。進行役は「モヤさま」の田中瞳アナ、応援隊長にジャニーズ初の全世界デビューのTravis Japan。見て思ったのは今回の裏テーマは「広末涼子へのエール」ではないか。

 というのも、ゲストが篠原涼子斉藤由貴酒井法子という「スネ」に傷持つシスターズ。この時期にあえてこの3人を出すところに何か意図を感ぜずにはいられない。

 最初は篠原涼子。テレビ東京の歌番組には23年ぶりの登場。まずはテレ東に残るお宝映像が流れ、27年前、東京パフォーマンスドール時代の映像を見た後、最大のヒット曲「恋しさとせつなさと心強さと 2023」を変わらぬ歌唱力で熱唱した。韓国のアイドルとの不倫説、だが、円満離婚。息子2人は元夫・市村正親に任せて独身生活を謳歌中。広末がアドバイスを乞うべきは篠原ではないか、と。

 次は斉藤由貴。こちらは公になっているだけでも3度の不倫経験者、不倫マスターだ。にもかかわらず、謎の透明感で人気は衰え知らず。鬼メンタルを持つ天使、それが斉藤由貴。仲良しは同じ事務所の長澤まさみ、だそうで、「最近どう? 好きな人いるの?」などと話をするらしい。まだまだ恋バナに興味津々。これは4度目もある?

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ