広末涼子&高岡早紀「魔性の女」の共通項と微妙な違い…“軌道修正ロールモデル”は斉藤由貴か

公開日: 更新日:

 広末涼子(42)のダブル不倫報道は、夫のキャンドル・ジュン氏(49)の18日の会見、広末の「週刊文春」“直電”で事態は収拾するどころか、ますますドロ沼化が進んでいる。

 不倫相手の鳥羽周作氏(45)は、監修・コラボ関連の解除が相次ぎ、NHKの「きょうの料理」も事実上降板。過去のユーチューブ動画の調理が不衛生、ミシュラン1つ星店のオーナーシェフらしからぬとバッシングを浴びるなど“鳥羽叩き”に転じている。

 渦中の広末はといえば、俳優の高岡早紀(50)の過去の不倫騒動との相似から「魔性の女」と呼ばれるように。04年に高岡と布袋寅泰(61)の路上キス不倫騒動が報じられた際、当時の夫の保阪尚希(55)が会見を行い、布袋が高岡との不倫を“火遊び”と表現したことに怒りをあらわにし“場外乱闘”に。

 また3人の子持ち、美脚を生かしたファッションなど、広末と重なる部分も多い。コラムニストの桧山珠美氏が「高岡さんとはベクトルに違いがある」としてこう続ける。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる