芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

今田美桜「20代女優パワーランク調査」ベスト5漏れの理由…「きれい」で重宝される年齢を過ぎ

公開日: 更新日:

 タレントの影響力や知名度について調査を行っているアーキテクトが14日に発表した「同世代に人気の20代女優パワーランキング」の意外な結果に注目が集まっている。同調査は、10代から30代の男女に、対象タレントに対する「見たい・聞きたい・知りたい」をキーデータに位置付け、その認知度を乗じることでパワースコアを算出。最も購買力があるといわれている年齢層が今、気になる女優は誰なのかを知るものとして広告代理店やスポンサーが関心を示している。

 断トツは橋本環奈(24)。調査時期が2月でテレビの露出は少なかったものの、主演映画「カラダ探し」と自身初めての舞台「千と千尋の神隠し」の興行的成功が後押ししたものだろう。彼女のセールスポイントである“親近感”に加え、舞台女優としても認められたという証明か。異論を挟む余地はなさそうだ。

 2位の川口春奈(28)はNHK朝ドラ「ちむどんどん」、映画「極主夫道 ザ・シネマ」に出演し、22年10月期にSnow Man目黒蓮(26)と共演した「silent」(フジテレビ系)が大ヒットした。見逃し配信は582万回と民放歴代ランキングのトップ。こちらも納得の結果と言えるだろう。

 筆者がこのランキングに思わず首をかしげたのは、今年2月「テレビCM出稿タレントランキング」(ビデオリサーチ社)で女王の座を巡って川口と激しいつばぜり合いを繰り広げた今田美桜(26)がベスト5に入っていなかったことだ。

 22年のCM起用数は川口が21社(前年16社)、今田は20社(前年14社)。芸能関係者の間ではこの数年、「若い年齢層の好感度は橋本、川口、今田がビッグ3」というのが定説になっているだけに、今田が第7位に甘んじたことはやはり不思議に思ってしまう。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽