GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

公開日: 更新日:

 GLAYは1994年にメジャーデビューして以降、「HOWEVER」でミリオンセラーを達成。「Winter,again」は『日本有線大賞』と『日本レコード大賞』でそれぞれ大賞を受賞し、日本を代表するロックバンドとして長年第一線で活動してきた。しかしここ数年は、TERUの歌声の衰えが指摘されることもあった。

「21年、YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』にGLAYが出演し、TERUは『Winter, again』をキーを変えずに披露していました。ただ、特に後半の大サビ部分では息の量が足りずに、しゃがれた声を張り上げ、苦しそうに歌う場面が目立ちました。声が劣化するのはある程度仕方がないですし、頑張って歌い上げたことに感動するファンも多かった。ただ、今回の“ホテル不満ツイート”のように、精神面がいつまでも尖り過ぎたロッカーマインドだと、色々な意味で残念に思うファンもいるのでしょう」(同)

 GLAYとともに歳を重ねてきたファンの多くは、そろそろ人生後半戦に差し掛かっている。TERUの変わらないストレートな発言を喜ぶファンもいるだろうが、良識のある大人になって疑問を抱く人もいるのだろう。歌声を磨き続けるだけではなく、他者を不快にさせないSNSの運用の仕方もそろそろ模索する時かもしれない。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路