日テレ「だが、情熱はある」流れを変えたM-1グランプリ編…コント“完全再現”で評価急上昇

公開日: 更新日:

 終盤に向けて評価が爆上がりしているのが、King & Prince髙橋海人(24)とSixTONESの森本慎太郎(25)がダブル主演を務める日本テレビ系の連続ドラマ『だが、情熱はある』だ。

 本作は、お笑いコンビ・オードリー若林正恭(44)を髙橋が、南海キャンディーズの山里亮太(46)を森本がそれぞれ演じる、実話に基づいたドラマ。第3話以降、視聴率は3%台と低空飛行が続いていたが、6月4日放送の9話で4%台に回復し、じわじわと評価を上げている。

 一般的な認知度はあるが、歴史的な偉人というわけでもない若林と山里の半生を描くドラマということで、当初はイマイチ話題に上がり切らなかったが、5月21日放送の第7話で、M-1グランプリ編に突入してから一気に流れが変わった。

 特に2004年にM-1準優勝を果たした南海キャンディーズ、2008年に敗者復活からM-1準優勝を果たしたオードリーのコントの完全再現が話題となった。ネットでは、

《漫才までも完コピ! 本人達のと同じタイミングで笑いがくる。すごい!》

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽