(2)中尾ミエさんが語る挨拶の大切さ…「おはようございます」で小学生と“知人”に

公開日: 更新日:

中尾ミエさん(76歳)

「どんな世代でもそうかもしれませんが、とくに私たちのような世代が、愉快に毎日を過ごそうと思ったら、一緒にいて楽しい人がどれだけ自分のまわりにいるか。それが、とても大事なことだと思うんです。それも、古くからの付き合いの人ばかりじゃなく、いくつになっても新しい人と出会えれば、いろんな意味で刺激にもなるし、気づきというか発見も得られる。それって、楽しく生きていくためには欠かせないことだと思いますね」

 愉快に暮らしていくために「機会があれば出かけていって、人に会って、話をする」を日ごろから心がけているという中尾さん。人との交流の大切さを語る。

「もちろん人付き合いって、愉快なことだらけかっていわれれば、決してそうじゃない。たまには“わずらわしいな”って感じることもあると思うんですよ。じゃあ、孤独がいいかっていえば、そうじゃない。わずらわしさも一緒についてくる人付き合いのある毎日と、わずらわしさはないけれど孤独という毎日のどっちを選ぶかって問われたら、私は人付き合いのあるほうを選びますね。もっとも、それは私が家にジッとしていられない性格なだけかもしれませんが……」

■挨拶しなくなったら、人付き合いの間口はどんどん狭くなっていく

 そんな中尾さん、いい人付き合いのきっかけづくりのコツを教えてくれた。

「ありきたりのことですが、やっぱり大事なのは挨拶。私は10代半ばで芸能界デビューして、幸せなことに、いい先輩方に恵まれてきたんですが、そういう先輩方に正しい挨拶の大切さを教えてもらいました。とくに森繁(久弥)さんからは、舞台をご一緒させていただいたりしたときに何度も教えていただきました。森繁さんもそうだったと思いますが、ほかの先輩方だって、好きで小言を言っているわけではないし、意地悪をしているわけでもない。私のことを思って、挨拶を一から教えてくださったんだと思うんです。本当は面倒くさいことはやりたくない。でも、年長者の責任として教えてくださったんだと……。感謝しています。とにかく芸能界にかぎらず、人付き合いの基本は挨拶ですよ」

 そして、あるエピソードを紹介してくれた。

「私は毎朝、公園でお仲間と一緒に体を動かしているんですが、公園までの道の途中でいつも小学3年生くらいの男の子とすれ違っていたんです。会うたびに“おはようございます”って声かけていたんですが、まったく反応がない。それでもすれ違うたびに私が声をかけつづけていたら、あるとき小さな声で“おはようございます”って応えてくれた。そして日を追うごとにだんだん声も大きくなって、明るい表情で応えてくれるようになったんです。うれしいですよね。会話はほとんどしないけど、目下、私にとっての最年少の知人です。彼が私をどう思っているかは別ですけど……」

 そしてつづける。

「自分からすすんで挨拶とか声がけをしない人がいますけど、どうなんでしょうかね? 愉快な人付き合いをしたいなら、挨拶はケチらないほうが賢い生き方だと私は思います。とくに年配者にとっては、若い人との交流のきっかけですからね、挨拶は。“わずらわしい”“面倒くさい”って挨拶ができなくなったら、人付き合いの間口はどんどん狭くなっていきますよね」 =つづく

▽中尾ミエ(なかお・みえ) 1946年、福岡県生まれ。1962年にデビュー曲「可愛いベイビー」が大ヒット。71年にリリースされたシングル曲「片想い」は30万枚の売り上げを記録。その後、歌手活動以外にも、俳優として数々のドラマ、映画、舞台に出演。また、現在、情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)の金曜コメンテーターとしてレギュラー出演中。著書「76歳。今日も良日」(アスコム)がベストセラーに。

※衣装提供DUEdeux

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変