ジャニーズ叩きのあおり?キンプリ髙橋&SixTONES森本「だが、情熱はある」いまだ低空飛行

公開日: 更新日:

 最近はほとんど話題にもならなくなってきた。King & Prince髙橋海人(24)とSixTONESの森本慎太郎(25)がダブル主演する日本テレビ系連続ドラマ「だが、情熱はある」(日曜夜10時30分)。28日に放送された第8話の平均世帯視聴率は3.9%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)と前回から横ばい、低空飛行が続いている。

 ちなみに、髙橋がお笑いコンビ「オードリー」の若林正恭(44)役、森本が「南海キャンディーズ」の山里亮太(46)役。若かりし頃の2人の半生を描くドラマだ。

「初回4.7%から数字を下げ、今は3%台後半で安定していますが……同枠の前作、安藤サクラさん主演『ブラッシュアップライフ』の全話平均6%台と比べると、どうしたって見劣りしちゃいますよ。22日をもってキンプリの3人が脱退、新体制がスタートし、髙橋のドラマにも多少は注目が集まるかとも思いましたが、最後までパッとしそうもないですね。これもジャニーズ事務所バッシングのあおりでしょうか……」(スポーツ紙芸能担当記者)

 人気のバロメーターのひとつであるTVerのお気に入り登録数でも、「ブラッシュアップライフ」はトップクラスだったのに対し、「だが、情熱はある」は57万人超(29日現在)で、春ドラマのトップ10外にくすぶっている。とはいえ、最新のオリコンのドラマ満足度調査では、福山雅治(54)主演の「ラストマン―全盲の捜査官―」(TBS系=日曜夜9時)に次ぐ2位と非常に高い。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差