ジャニーズ帝国は内側から崩壊…東山紀之“生謝罪”は火に油、近藤真彦「うそはダメ」の重さ

公開日: 更新日:

今後は退所者からの発言も増えてくる可能性も

 深々と頭を下げた東山だが、こうした発言を巡っては、先週末、ジャニーズ事務所が代理店に対し、「東山が『サンデーLIVE!!』で発言することを示唆する一斉メールを送信していた」と女性誌で報じられていた。1999年に週刊文春がジャニー喜多川氏の性加害について報じた取材チームの一員でジャーナリストの二田一比古氏はこう話す。

「東山の発言は、自分自身の言葉というより、事務所を代表した謝罪に見えました。むしろ、その前の近藤真彦の発言の方がインパクトは大きい。ジュリー氏の謝罪に対して『うそはダメだなって』『知ってた、知らないじゃなくて、知ってるでしょ』の指摘は相当に重い。当初、ジュリー社長の謝罪動画の公開は、14日日曜日の夜9時ではなく、13日土曜日の夜9時に予定されていたという情報もある。ジュリー氏が謝罪し、近藤がジャニーズを去ったあとは事務所の“長男”である東山が翌朝の番組で即座に謝罪し、事態の鎮静化を図るというプランがあったようだが、ズレ込んでしまったようです。1週間経ってしまったことで、NHKの『クロ現』で取り上げられたり、マッチなどの退所者の発言が出たり、騒動はさらに拡大している」

 ただ今回、「ジャニーズという名前を存続させるべきなのか」と踏み込んだ発言をしたことについてはこう話す。

「看板だけ替えたところで、根本的な体質が変わらなければ変わらないでしょう。今後、退所者からの発言も増えてくる可能性もあり、アイドル志望者は、ますますK-POPの事務所やタッキーの事務所に流れ、ジャニーズ事務所は、ソッポを向かれる可能性がある。所属タレントも好奇の目で見られることは免れないでしょう。まさに事務所存続の危機に直面しています」

 芸能界では帝国とも形容されるジャニーズ事務所だが、内側から崩壊が始まった。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

  2. 2
    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  5. 5
    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

  1. 6
    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

  2. 7
    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

  3. 8
    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

  4. 9
    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

  5. 10
    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大

    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大