news zeroキャスター櫻井翔の口を封じた2024年「嵐」25周年再結成興行のソロバン

公開日: 更新日:

「キャスター失格じゃないか」「見損なった」といった厳しい声がSNSを賑わせている。

 ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏(2019年に死去)による性加害問題を日本テレビ系「news zero」が15日に報じた際、キャスターの櫻井翔(41)がフレームアウトし、コメントを避けた件である。代わりに有働由美子キャスターが「この件については、番組で話し合って私が話します」と切り出し、「私たち『zero』も、性被害は絶対に許さないという姿勢で、しっかりと向き合っていきたいと思います」と結んだ。

「キャスターに就任して17年目、櫻井君は新聞各紙に目を通し、きちんと勉強してからカメラの前に立つと高評価でしたけど、一言も話さないどころか、画面からも姿を消したことで積み上げた信頼と実績がパーになった。キャスターかジャニーズのタレントかという二択を迫られた可能性もありますが、そうであれ、後者を選んだのですから。キャスター以前に、ジャニーズのタレントであるということを世間は知ってしまったのでしょう」(ある放送作家)

 実は、そのジャニーズのタレントとして、櫻井には大事な予定が組まれているようだ。

「2020年大みそかをもって、グループ活動を休止した嵐ですが、来年また活動を再開させるようなんです。24年は嵐にとってデビュー25周年のアニバーサリーイヤー。再結成がどういう形になるかわかりませんけど、ジャニーズ事務所の稼ぎ頭として、着々と準備がすすめられているのではないでしょうか」(ジャニーズ事情に詳しいスポーツ紙記者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路