新フジ月9「真夏のシンデレラ」盛り上がりイマイチ ヒットの方程式“恋愛群像劇”は時代遅れ?

公開日: 更新日:

《視聴率とれる人がいないような気が…》《この設定だと恐らく見る人いないかも》

 前評判はあまり良くないようだ。7月からフジテレビ系「月9」枠で放送予定のテレビドラマ「真夏のシンデレラ」。俳優の森七菜(21)と間宮祥太朗(29)がW主演を務め、真夏の海を舞台にした男女8人の人間関係を描く「恋愛群像劇」だという。

 制作サイドが、流行りの対話型人工知能(AI)「チャットGPT」を使って「ヒット作のドラマの要素」を検索したのかどうかは分からないが、「開放的な気分になる夏」「複数の若い男女の感情がもつれあう」「恋愛モノ」をキーワードにした連続ドラマは過去にも数多く制作され、ヒットを飛ばしてきた。

 例えば、1986年7月に始まった「男女7人夏物語」(TBS系)。タレントの明石家さんま(67)と俳優の大竹しのぶ(65)が結婚するきっかけになったとされるドラマで、最終回の最高視聴率は31.7%を記録。最近流れていたCMで、ドラマの一場面から採用された、さんまの「サバの味噌漬けですか?」というセリフは記憶に新しいだろう。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽