“社長夫人”カトパンは高級スーパーで…フリー女子アナ「勝ち組vs負け組」春の陣

公開日: 更新日:

 発売中の「FRIDAY」が、フリーアナウンサーの加藤綾子(38)が高級スーパーで買い物する姿をキャッチしている。

 カトパンは、16年4月にフジテレビを退社しフリーに転身。19年「Live News イット!」(フジテレビ系)のメインキャスターとなったが、視聴率は振るわず、昨年9月に“家族との時間を大切にするため”という理由で降板。実質的に休業に入っている。現在は21年6月に結婚した激安スーパーマーケットチェーン2代目の“社長夫人”だ。

「好きなアナウンサーランキング」の常連だったカトパンでさえ、フリー転身後は、局に在籍した当時のような華々しさは弱まり、活動は地味め。「負け組」のレッテルを貼られることもたびたびだった。女子アナ評論家の松本京也氏はこう話す。

「カトパンの場合、局アナ時代の存在感と格が高すぎて、フリーアナとして局や視聴者の期待を下回った感じだと思います。ただし、そのポジションにたどりつけるのは、ごく一部の限られた人だけ。カトパンは勝ち組のなかで大きな仕事がこなせなかった、と見るのが正解でしょう。現在のポジションは、玉の輿と言えば玉の輿ですが、フリーアナとして望めばもっと上を目指せたくらいカトパンの価値は高いと思います」

 天下のカトパンでさえ、「勝ち組」であり続けることは難しかったというわけだ。しかし、そもそもフリーアナの勝ち組/負け組を分ける基準は何なのか。松本氏はこう分析する。

「①社会的価値、または、国民的人気の高い番組に抜擢されて結果を残せたか②局アナ時代からステップアップできたか③ライバルとみなされるアナと比較して活躍できたか④番組の内容を問わず、出演機会を多く持てたか……こんなところでしょうか。ひとつの指標として“地上波の報道番組や情報番組の帯番組のMCを獲得すること”は①~④のすべてに当てはまりますから、フリーアナとしては『勝ち組』と言っていいでしょう」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走