香取慎吾&中居正広"6年ぶり共演"大反響も…「まつもtoなかい」を待ち受ける2回目以降の試練

公開日: 更新日:

 4月30日に1回目が放送されたダウンタウン松本人志(59)と中居正広(50)がMCを務める「まつもtoなかい」(フジテレビ系)のTver・FODにおける「見逃し配信」の再生回数が、2日間で120万回を突破(ビデオリサーチ調べ)。フジテレビのバラエティー番組の最高記録を更新したことで注目を集めている。

「まつもtoなかい」は、毎回ゲスト2人をマッチングさせ、4人でトークをするという番組コンセプトだが、初回は元SMAP香取慎吾(46)を1人ゲストとして迎えた。香取はSMAPを解散し、2017年9月にジャニーズ事務所を退所した後の活動などについて語り、それを中居と松本が神妙な面持ちで聞き、公の場では6年ぶりに再会した中居と香取に軸を置いた番組展開となった。

 中居は昨年11月に体調不良で2度目の休養に入った際、香取から「会えませんか?」とメールが来たことをきっかけに2カ月間、毎日欠かさずメールが来たという秘話を明かした。中居もこの番組に並々ならぬ意気込みがあることを感じさせる初回の放送となった。

 視聴率は初回の世帯平均視聴率が10%台で、前評判の割には伸び悩んだ印象だが、見逃し配信では記録を更新するなど結果を残したといえる。ただ、裏番組のTBS系日曜劇場「ラストマン-全盲の捜査官-」の第2話の平均世帯視聴率が13%台だったことを考えると「まつもtoなかい」が、本格的に軌道に乗るかどうかは、しばらく慎重に見極める必要がある。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変