桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

GW出かける人のためのTVer最新情報 100本以上ある「キャンプ特集」は暇つぶしにうってつけ

公開日: 更新日:

 いよいよ行動制限のないゴールデンウイークのスタート。旅行に出掛ける人も多いだろう。仕事柄、旅先では必ずチェックするのがテレビ欄。

 東京で見られないレアな番組を見つけるためで、ローカル番組と出合えるのも旅の楽しみだったりもするのだ。

 昨今は無料動画配信ポータルサイト「TVer」でローカル局の番組も少しではあるが見られるようになり、重宝している。

 このところ「TVer」の躍進ぶりは凄まじい。2015年10月にスタートした際は配信番組も少なく、正直言ってあまり使い勝手がよくなかったが、徐々に改善され、今ではいわゆる視聴率と同様に「TVer」の再生回数が話題になったりもするほどだ。

 例えば27日のドラマランキングは1位が橋本環奈主演「王様に捧ぐ薬指#2」(TBS系)、2位が高畑充希主演「unknown#2」(テレビ朝日系)、3位が波瑠主演「わたしのお嫁くん#3」(フジテレビ系)。いずれも視聴率は6%台ながら人気のようだ。

 同じくバラエティーは1位が「水曜日のダウンタウン」(TBS系)、2位「火曜は全力!華大さんと千鳥くん」(フジテレビ系)、3位「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)といった感じ。

 TVerの利用者は比較的若い世代が多く、テレビを見ないと言っている若者も興味ある番組はTVerでチェックということもあるので、仮に視聴率が悪くても再生数が多ければよしとする向きがある。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい