「DayDay.」視聴率「スッキリ」から半減…南キャン山里亮太に立ちはだかる“3つの壁”

公開日: 更新日:

 4月からスタートした日本テレビ系の朝の情報番組「DayDay.」の視聴率が振るわない。山里亮太(46)、元NHK武田真一アナ(55)、入社3年目の黒田みゆアナ(24)の3人のMCで挑むも、4月3日の初回放送以来、回を追うごとに下がり続けているという。日テレ関係者が声をひそめて話す。

「最近の平均視聴率は、第1部(9時~10時25分)、第2部(10時25分~11時10分)合わせて、おおむね世帯2~3%、個人1%台です。個人で1%を割るのは時間の問題とみられています。前の番組である『スッキリ』の3月の平均は、だいたい世帯4~5%、個人3%くらいでしたから、およそ半分になってしまっているんです」

 原因として考えられるのは、放送時間の変更だという。

「『スッキリ』は8時スタートで、『羽鳥慎一モーニングショー』『めざまし8』『ラヴィット!』といった他局も、8時スタートで大体10時までです。9時にチャンネルを合わせるという視聴習慣がまだできていないんです」(前出の日テレ関係者)

 さらに、苦戦の理由について、こんな分析がある。

「ラヴィットとヒルナンデスを足して2で割ったような中途半端な内容だからでしょう。山里がメインMCであることも関係していると思いますが、生活情報なんだか、報道なんだか、エンタメなんだか、いまいちハッキリしない。視聴者にとっては分かりにくいと思いますね。さらに鳴り物入りで登場した武田アナの立ち位置がまだ定まっていないというのもあります」(番組編成関係者)

 この関係者によれば、元々バラエティー志向が強かったという武田アナだが、真面目に行きたいのか、ウケを狙っているのか、まだキャラが確定しておらず、視聴者もどう受け止めていいのか迷っているという。

「そこを百戦錬磨の山里がどう相対していくかというのが、彼の腕の見せどころですが、山里もまだ探り探りのようです」(編成関係者)

〈視聴習慣〉〈内容の中途半端さ〉〈武田アナの立ち位置〉という3つの壁が山里の前に立ちはだかるというわけだが、山里はプライベートでもなかなか大変な状況だ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道