「へずまりゅう」と「たぬかな」の違いは? アンチが炎上させても復活できる人、できない人

公開日: 更新日:

 今月23日の東京・豊島区議選で落選した元迷惑系ユーチューバーのへずまりゅう(31)は言わずもがなだが、日本で2人目の女性プロゲーマーである、たぬかな(30)もそうだ。やることなすことネットニュースになるたびに叩かれる。

 たぬかなは昨年2月にライブ配信で、「(身長が)170ないと、正直人権ないんで」と発言したことが問題視され、所属のeスポーツチームから契約を解除された。

「今年1月からSNSでの配信を再開させましたけど、いまだに《炎上させて名前を売って稼ごうとするやからが多すぎる》などとバッシングされたりする。ただ、へずまりゅうがハナから炎上狙いのフシがあるのに対して、もともとぶっちゃけ、毒舌キャラのたぬかなは炎上しやすいだけとも言えそうです。そこは大きな違いですね」(IT系メディア編集者)

「人権ない」発言は好みの男性が170センチ以上という意味などと、たぬかなは何度か謝罪、釈明しているものの、風当たりは強いまま。もっとも、生活に困っているわけでもなさそうだ。

「先日のライブ配信でも《今月だけで言ったらプロ時代の月収を超えたんで》などと話してアンチの気持ちを逆なでしていました。たぬかなはかつて、プロゲーマーの頃に月100万円近くもらっていたことを明かしています。今は100万円超えということでしょうね」(前出のIT系メディア編集者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路