中居&香取共演は「SMAP再結成」の序章か…ジャニーズが性加害問題で揺れる今こそ絶好機

公開日: 更新日:

 中居正広(50)が松本人志(59)と司会を務める新番組「まつもtoなかい」(フジテレビ系)の初回、30日夜放送のゲストに香取慎吾(46)が登場することが明らかになった。中居と香取は実に6年ぶりの共演で、ファンの夢見るSMAP復活への序章ではないか、という声も上がっている。スポーツ紙の元ジャニーズ担当記者が解説する。

「SMAP時代、リーダーの中居君は最年少メンバーの慎吾を気づかい、食事に連れて行くなどしていたのはファンには有名な話。2016年の解散から時が流れ、ジャニーズを辞めたメンバーはテレビから干されるという不文律も雲散霧消しつつあり、いつ共演が実現してもおかしくない。そんな中、中居君があえて今のタイミングを選んだとすれば、面白い展開になるかもしれません」

 中居が旗振り役となって、元メンバー全員を集める可能性もあるというのである。

「香取に続いて稲垣、草彅とゲストに呼んで共演し、復活への期待を盛り上げたところで、木村拓哉を呼び込む。そして、満を持しての5人揃い踏みでステージに立つなんて構想です。これはファンなら盛り上がりますよ」というのだが、これは決して妄想や絵空事ではない。

 最大のネックになるはずのジャニーズ事務所は創業者の故ジャニー喜多川氏による性加害問題が世界的に問題視され、屋台骨が揺らいでいる。これまで「ジャニーズ案件」と忖度し、ジャニーズがらみのスキャンダルを一切報じなかった大手メディア、テレビ各局も性加害について報じ始めた。性加害報道以前には公正取引委員会による注意もあったように、ジャニーズ事務所による1強支配がぐらついているのである。

「折しも、元副社長の滝沢秀明をはじめジャニーズを辞めていく人が相次いでいます。このままではジャニーズ本体が瓦解してしまいかねない厳しい状況下にあります。事務所を牛耳っていたメリー喜多川副社長(故人)の目の黒いうちは実現不可能でしたが、今ならSMAP再結成の可能性はある。事務所を辞めたタレントを排除や敵対視してきたこれまでの歴史を改め、新ジャニーズへと刷新するチャンスと考えれば絶好の時期かもしれません」(芸能プロ幹部)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走