桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

天海祐希演じる「上水流涼子」の圧倒的な存在感! 宝塚出身女優はスケールが違う

公開日: 更新日:

 17日、天海祐希が主演の「合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~」(カンテレ制作、フジテレビ系)がスタートした。天海が演じるのは頭脳明晰、変装を武器とする元弁護士でワケありの女探偵・上水流涼子。松下洸平演じるIQ140の相棒・貴山伸彦とタッグを組み、依頼者の問題をあり得ない方法で解決していく極上痛快エンターテインメントだ。初回視聴率は9.3%、個人5.3%だが、内容は悪くないので、アップも期待できそうだ。

 月曜のフジは21時から木村拓哉主演の「風間公親─教場0─」だが、こちらは陰々滅々、笑顔を封印したキムタクが終始苦虫を噛み潰していて、見ているとこちらも鬱々としてくる。

 一方、天海のドラマはコミカルだし、月9の憂さを晴らしてくれる爽快さがある。眉間に皺を寄せて深刻ぶる風間より、ショベルカーで小屋を丸ごと破壊する上水流のあり得なさが心地いい。

 2時間ドラマがなくなって久しいが、このドラマにはいい意味で2時間ドラマの緩さがある。キャディーに扮してすっとんきょうな声を出したり、マッサージ嬢に扮して「イッショケンメイガンバリマス」とカタコトでしゃべったり、ヨガのインストラクター姿もサマになっていた。

 相棒の松下を「チェリー」呼ばわりし、セクハラだなんだというやりとりも、笑えるのは天海のキャラクターによるものだろう。その一方で、何者かに罠にかけられ、弁護士資格を剥奪された経緯などの伏線はシリアスで、バランスも絶妙。一気に物語に引き込まれた。

 天海は「BOSS」や「緊急取調室」などのイメージからか、理想の女性リーダーベスト10などでは必ず名前が挙がるほどだが、今回の女探偵役で俳優としての幅もさらに広がるに違いない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい