“キムフク戦争”より断然面白い? 芳根京子vs波瑠「水10」朝ドラ女優対決の注目度

公開日: 更新日:

 春ドラマが続々と始まる中、12日に同時スタートした芳根京子(26)主演「それって、パクリじゃないですか?」(日本テレビ系)と、波瑠(31)主演「わたしのお嫁くん」(フジテレビ系)。

「フジテレビ月9の木村拓哉さんとTBS日曜劇場の福山雅治さんの“抱かれたい男対決”は、まあ“キムフク戦争”なんて言われていますけど、曜日も開始日も違うので数字が比べにくい。ですが、この2作は同じ水曜夜10時枠なので"視聴率"の優劣が明確に出る。そのぶん、こちらの対決の方がシビアで、実は注目度が高い」(広告代理店関係者)

 芳根と波瑠の“NHK朝ドラ女優対決”とも言われる初回の世帯視聴率は、「それパク」が6.0%、「わたヨメ」が6.1%(いずれも関東地区=ビデオリサーチ調べ)と互角だった。

「僅差ではありますが、フジが1年前に水10にドラマ枠を復活させてから初めて日テレを上回りました。日テレとしてはショックが大きいはず」(前出の広告代理店関係者)

 日テレはこれまで女性をメーンターゲットに、旬の人気女優を主人公にした“お仕事ドラマ”を中心にしてきた。それに挑むフジは男性を主人公に、コメディーからサスペンスなどで日テレとの棲み分けを狙い、結果的に視聴率で日テレの後塵を拝してきた。それが今期から波瑠を起用して“男縛り”を解除、いきなり結果を出したわけだ。日テレの「それパク」は常盤貴子(50)、ともさかりえ(43)、田辺誠一(54)と、かつての主役級を贅沢に使いながら「互角」という時点で、フジにリードを許しているとも言えそうだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  3. 3
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 4
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

  3. 8
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  4. 9
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  5. 10
    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”

    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”