桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

ガハハ笑い!島崎和歌子“無双”の最強人脈 島田紳助、志村けん、小泉元首相までも寵愛

公開日: 更新日:

 先週放送された「オールスター感謝祭2023春」(TBS系)の島崎和歌子(50)の無双ぶりがすごい。91年秋にスタート、番組改編期の春秋に放送される、紛れもないTBSの名物番組で第1回から出演しているのが総合司会の島崎だ。

 当初は島田紳助とコンビを組んでいたが、11年に紳助が引退して以降は2代目の相方、今田耕司とともにというか、今田を従えて番組を仕切っている。

 毎度、わがままな俳優やアスリート、芸人らを相手に生放送を仕切っていくのは至難の業。さながらサーカスの猛獣使いといったところか。30年以上も番組の顔をやっているわけだが、驚くのは今年50歳ということは第1回の時はまだ10代ということになる。それにしては最初から堂々として貫禄があった……。

 紳助の寵愛を受け、芸能界にしっかりと自身の居場所をつくった島崎。その後、志村けんにも気に入られ、「だいじょうぶだぁ」や「バカ殿様」などで共演し、コメディエンヌぶりを発揮した。昨年、志村ファミリーのダチョウ倶楽部・上島竜兵が亡くなった後で竜兵会のメンバーがおのおの思い出を語る話の中に唯一出てくる女性が島崎だった。酒好きは有名で、ウィキペディアによれば「ミニアッコ」などと呼ばれているらしい。同じ酒好きでも、和田アキ子は好きな人、嫌いな人がいそうだが、島崎を嫌いだという人は聞いたことがない。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今