志村けんが生涯独身を貫いたナゾ…口癖は「結婚したい」「子どもが欲しい」だったのに

公開日: 更新日:

「手に取るなやはり野におけ蓮華草」

 多くの人に愛されたコメディアンの志村けん(享年70)が亡くなって3年が経つ。生前、多くの女性と浮名を流し、同棲を繰り返したが、結婚はせず、子どももいなかった。

 彼が残した莫大な遺産を受け継ぐ人間は志村の長兄しかおらず、三鷹にある4億円豪邸は荒れ放題だと週刊ポスト(2月24日号)が報じていた。

 志村はなぜ結婚しないのか?彼の生きている間も多くのメディアが理由を探った。私は冒頭に紹介した俳人瓢水の句のような「女性観」を持っていたからではないかと推測している。

 笑いと酒と女性をこよなく愛した志村の“初体験”は、高校2年。付き合っていた同級生の彼女を家に呼び、ビートルズの「AllYouNeedIsLove」を聴きながらだった。ドリフの付き人になって食えない彼を支えたのも彼女だったが、妊娠したことで気まずくなり、親から100万円を借りて渡し、別れてしまった。

 その後も、彼女ができると、とにかく一緒に住み始めるのが志村流。「夢中になっている期間は、だいたい1年ぐらいだろうか。蜜月期間を過ぎると、少しばかりうっとうしくなってくる。オレは仕事を家に持ち込むほうだから、『ネタを考えなきゃならないんだよ』と言い訳しつつ、距離を置くようにする。そして、『なんか違うな、そろそろ潮時かなぁ』という気分がお迎えに来る頃には、次の彼女の目星がつき始めている」(「志村流 遊び術」マガジンハウス)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今