桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「DayDay.」まるで朝から井戸端会議…これでは武田真一を起用した意味がない

公開日: 更新日:

 今週から始まった日本テレビ系の朝の情報番組「DayDay.」。元NHKアナウンサーの武田真一(55)、南海キャンディーズの山里亮太(45)、日テレ黒田みゆ(24)の3人が総合司会を務め、ほかに曜日レギュラーが数人。「スッキリ」の後番組だが、放送は9時から。その分、前の「ZIP!」が1時間延長されることに。新婚の水卜麻美は早く家に帰りたいだろうになどと余計なことをつい考えてしまった。

 まずはお試しで1週間は続けて見ようと意気込んではみたが、つらいものがあった。その正体は何か。答えは番組ポスターの「情報&エンタメ&おしゃべり!」にあった。情報&エンタメはともかく「おしゃべり」って? 何よりニュースの文字がどこにもない。

 情報にニュースも含まれるのだろうけど、積極的にはやりたくないという意思表示に思える。やたらと井戸端会議を強調し、ゆるさが番組の持ち味とばかりにアピールしていたが、そもそも視聴者はゆるさを求めているのだろうか。

 初日は「不用品をお金に換える」として武田の私物がいくらになるかというようなことをやっていた。ほかに「デニーズとガスト、ファミレスライバルが認めた一品」としてファミレスメニューを紹介。そんなことより伝えなければいけない情報は山ほどあるはず。

 ニュースもないわけではないが、日テレNEWSサイトを基に番組独自の基準でまとめた視聴ランキング10を発表するもので、アリバイ程度。NHKのエース級を引き抜いておきながら「おしゃべり」させるだけって。武田本人は喜々としてやっているけど。

 コメンテーターもシソンヌ長谷川にアンジャッシュ児嶋一哉、サバンナ高橋、3時のヒロイン福田麻貴、パンサー向井慧……、火曜のヒロミにアンミカって、なんの新鮮味もない。そんな井戸端会議を誰が見たいのか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道