芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

タモリに“引退説”でも「ブラタモリ」は続く…後任MCは草彅剛vs香川照之の一騎打ちに?

公開日: 更新日:

 放送開始から41年目に入ろうとした「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)の番組終了に伴い、タモリ(77)に“引退”説が囁かれている。今から7年前にも「俺もそろそろいいだろう。もう疲れたヨ…」と公の場で発言したタモリだが、今回は自らが手塩に掛けて育ててきた番組だけに、一抹の寂しさもあるだろう。

「タモリ倶楽部」終了によってテレビ関係者が注目しているのが、放送開始から14年目を迎えるもうひとつの“手作り”番組「ブラタモリ」(NHK)の今後だ。「タモリ倶楽部」の終了にタイミングを合わせるように「ブラタモリ」の終了を匂わせる報道が一部であったが、NHK側が“安定して2桁の視聴率が見込める貴重な紀行・教養番組”を終わらせるはずがない。仮にタモリが引退しても、マイナーチェンジにとどめて継続させるはずだ。問題は大物から番組を引き継ぐMCの後任人事だろう。

「番組の性格上、後任MCにはタモリも納得して引き継げることができるような人選になるでしょう。現在の芸能界で“タモリに最も近いポジション”として業界内で広く認知されているのが、『新しい地図』の草彅剛(48)です。2人はフジテレビ系『笑っていいとも!』で28年前から交流があり、“剛、タモさん”と呼び合う仲。正月には草彅と香取慎吾(46)がタモリの自宅で過ごすことが恒例となっています」(芸能プロダクション関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず