米倉涼子がネット配信ドラマにシフトした切実事情 収入増も叶えた「失敗しない女」の賢い選択

公開日: 更新日:

 4月期の地上波ドラマに名前がない米倉涼子(47)だが、実は配信ドラマで活躍していた。3月17日からPrime Videoで世界同時配信されている、米倉主演のAmazon Originalドラマ「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」(全6話)の評判がいいという。

 同ドラマのテレビCMは、米倉が涙を流しているシーンが強いインパクトを与える。海外で亡くなった人の遺体を、国境を越えて母国の家族へ送り届ける国際霊柩送還士の物語で、第1話の先行試写会アンケートでは「満足度」が97.1%という高い数字を記録。Amazonレビューの5つ星評価は「4.7」と、こちらも併せて芳しい。

 米倉といえば、「私、失敗しないので」の名フレーズで有名になった「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)が看板。民放ドラマの視聴者離れや制作費の削減が叫ばれて久しいなか、同シリーズは2021年10月期の第7シーズンまで、一度も視聴率を落とすことがなかった。テレ朝を代表する強力コンテンツだけに、続編を望む声が後を絶たない。


 ところが、今の米倉はハードな連ドラ撮影に耐えられる体力を持ち合わせていない。19年に、難病の低髄液圧症候群を発症していたことを公表。頭痛やめまい、倦怠感や、いつ転ぶか分からない危険と隣り合わせ。20年に所属していたオスカープロモーションを退社して独立してから、さらに22年に急性腰痛症および仙腸関節障害による運動機能障害に悩まされ、自身のライフワークとまで言わしめたブロードウェーミュージカル「CHICAGO」を降板している。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も