著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)などの著書がある。新著「1秒で答えをつくる力──お笑い芸人が学ぶ『切り返し』のプロになる48の技術」(ダイヤモンド社)が発売中。

吉本新喜劇の最年長「和子のおばちゃん」は“漫才の神様”いとし・こいし師匠の唯一の弟子

公開日: 更新日:

 吉本新喜劇の最年長。「和子のおばちゃん」で有名な桑原和男さん。

 私が初めて新喜劇を書いた1990年からお世話になっています。

「こんな(役の)出し方では意味がないんちゃうか? もうちょっと考えてみい」「この話はおもろい、ようできてる!」と、時に厳しく、時に満面の笑みで褒めていただき、桑原さんが出演されている際はいつも緊張していました。芝居の稽古の際「台本をもろた時に読む前から今度の芝居は自分(本多)やなて、わかんねん。(台本が)分厚いねん。短いやりとりの掛け合いが多いから字数以上にページ数が増えるんや。漫才作家が書いた芝居は他の作家とは違うねや」と良くも悪くも特徴があると言ってかわいがっていただきました。

 それというのも桑原さんは“漫才の神様”と呼ばれた「いとし・こいし師匠」のお弟子さんだったのです。そんなことを全く知らず、いとし・こいし師匠にトーク番組に出ていただいた時に「漫才は落語と違うて伝承する芸やないから、僕らは弟子は取らんかったんやけど唯一の弟子が新喜劇の桑原和男。彼だけ。漫才師にはなれんかったけど、しっかりしたええお弟子さんやったよ」という話を伺った時に初めて知りました。「“弟子にしてください”いう手紙が来て、断っても断っても手紙がまたすぐ来るさかい、その熱意にうたれたんやね」とのことでした。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路