二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

滝沢秀明が新会社設立 ジャニーズ&韓流が中心のアイドル業界に参入で問われる手腕

公開日: 更新日:

 ジャニーズ退所者の話題が続いている。

 日本の優勝で幕を閉じたWBC。裏方で注目されていたのが侍ジャパン公認サポートキャプテンの中居正広。昨年11月から体調不良を理由に長期休養。WBCに合わせるように復帰して臨んだベンチリポートも注目されていた。重病説があっただけに先入観から「顔色が悪い」「痩せた」という声もあったが、そつなくリポートする姿は生き生きとしていた。生放送でも的確に繰り出すコメントは中居の真骨頂。「泥だらけのストッパー」の表現はトレンド入りした。

「中居の座を狙うとすれば、亀梨(和也)を筆頭に現ジャニーズの後輩でしょうが、いまだに野球少年のような中居の野球に対する熱意が伝わる話しぶりは、まだ後輩は追いついていない」(テレビ関係者)

 体調さえ問題なければ3年後のWBCキャプテンの座は安泰だろう。

 元TOKIO山口達也は「株式会社山口達也」を立ち上げた。山口は自身の起こした飲酒による不祥事を改めて謝罪。

 アルコール依存症と闘っていたが、「完治しない」と医師に告げられ「一生飲まない」と明言。これまでの経験を生かし依存症全般の講演活動、企業向け危機管理セミナーを開催するという。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も