元NHK・岩田明子氏が見せた意外な“バラエティー適性” ホリプロ所属でアイドル好きな一面も

公開日: 更新日:

「永田町や霞が関界隈を20年以上歩き、安倍元首相の番記者時代は母・洋子さんからの信頼も得て、たびたび自宅に招かれ、独占インタビューにつなげたりしてきた。そんなキャリアを持つ人物は稀有。独身なのか、既婚者なのか、私生活が謎のベールに包まれているところもグッドです」(前出のデスク)

三浦瑠麗氏の“後釜”扱いは失礼?

 その台頭には「ポスト三浦瑠麗」との見方もあった。しかし、三浦氏は太陽光発電事業に絡み取引先から預かった4億2000万円を着服したとして業務上横領の罪で起訴された夫・清志被告(43)の事件だけでなく、SNSでの発言が不法行為にあたるとして、元テレビ朝日のアナウンサー西脇亨輔氏が訴えた裁判に敗訴。西脇氏に対して30万円の損害賠償支払いが命じられた。

 売れっ子コメンテーターにして国際政治学者で鳴らしてきた三浦氏の凋落が岩田氏と対照的にみえるが、冒頭のバラエティー番組への適性をみると、実力も資質もそれ以上。ポスト三浦扱いは失礼というべきか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路