広瀬すず&永瀬廉の演技力のおかげ?「夕暮れに、手をつなぐ」は“爆死”ギリギリ回避

公開日: 更新日:

 21日に最終回を迎えた広瀬すず(24)とKing & Prince永瀬廉(24)のTBS火曜ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」。平均世帯視聴率は6.4%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)だった。

「初回の8%から前々回の第8話で5.4%まで落ち込んだ際には《爆死》などと報じられましたが、第9話5.9%、最終話で6%台まで盛り返しましたし、TVerのお気に入り登録者数も上位に。面目を保った格好ですね」(在京キー局プロデューサー)

 ネット上では《キャスティング、映像の美しさ、音楽はすごく良かったのに脚本が……》などと、当初から脚本にダメ出しする書き込みが少なくなかった。NHK朝ドラ「半分、青い。」などで知られる、“恋愛ドラマの神様”北川悦吏子氏が手がけたのは、ご存じの通り。《偶然に偶然が重なりすぎ》《古くさい》なんて批判もあった。

■SNS時代に“すれ違い”を描く難しさ

「すぐに連絡が取れるSNS時代に、そもそもカップルの“すれ違い”を描くのは難しい。スマホのバッテリーが切れて連絡が取れなくなるという展開も、確かにコンビニで充電器が買える今となれば“無理筋”でしょう。ただ、当初は広瀬さんが演じるヒロイン・空豆の方言にもツッコミが入っていましたが、そういう“雑音”は回を重ねるごとに減っていった。中には広瀬さんと永瀬さんの《顔を観賞するだけのドラマ》なんて声もありましたが、2人が並ぶ映像の美しさはもちろんのこと、やはり2人に繊細な演技力があるからこそ、脚本以外の批判をねじ伏せていった。たとえベタな展開でも、最後に2人がどうなるのかを見届けたいと思わせる魅力がありました」(テレビ誌ライター)

 最終回放送後は《終わりがあっさりしすぎ》なんて拍子抜けの声も少なくなかったが、それは、それだけキャストに思い入れができていた裏返しか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路