芦田愛菜、谷花音、鈴木福、本田望結…高学歴が話題の元子役たち“評価真っ二つ”のナゼ

公開日: 更新日:

 かつて天才子役と呼ばれた俳優たちの進路が話題になっている。芦田愛菜(18)、鈴木福(18)、本田望結(18)、谷花音(18)だ。芦田は中学受験を経て慶應義塾中等部に入学。慶應義塾女子高校から内部進学で慶應大学法学部政治学科に進学することが明らかになった。

 谷は大学名を明かしてはいないが、3月11日に「一般入試を終えて」と題した自身のブログを更新し、「本当に今までこんなに自分と闘った事がない貴重な時間を過ごして参りましたが、第一志望の大学に進学することはできませんでした。でも本気で走り抜けたので、やりきった満足感があり、すんなりと現実を受け入れる事が出来ました! これが、ガチの一般入試 泣いても笑っても一発勝負」「私が大学で一番学びたい外国語に力を入れている大学に合格することが出来たので、4月から大学生になります」などと報告した。

 芦田や谷の報道には、《芦田愛菜ちゃん慶応法学部か 内部進学て普段から成績上位取ってないと無理だろうしあれだけテレビ出て忙しい中だから更にすごい》《難関の慶應大法学部への進学もそうだが、育ちと教育の良さが自然に人柄に出ているのがまた素晴らしい》《谷花音ちゃん大学一般で受けたの好感度しかなくて好き》《一般入試で現役合格おめでとう 芸能人でもきちんと受験勉強して偉いと思う》などと祝福の声が相次いだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変