著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

中居正広 WBC"静かなリポート"で体調不安説が再燃…元SMAPメンバーの活躍で奮起か?

公開日: 更新日:

「頑張って間に合わせたんだろうけど、あんな状態で現場に出て大丈夫なのか?」

「第5回ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)準決勝進出が決定して大盛り上がりの日本代表だが、舞台裏の芸能関係者たちやファンの間ではこんな言葉が飛び交っている。

 “あんな状態”とは、3大会続けて“侍ジャパン公認サポートキャプテン”の大役を任されている中居正広(50)の“異変”だ。確かに“野球大好き壮年”である中居は、良く言えば落ち着いたように、悪く言えばあまり元気がないように見える。

 かつて「うるさ過ぎてゲームに集中できない」とか「はしゃぎ過ぎ」と非難されるほど、オーバー過ぎるリアクションで楽しさを披露していた中居だが、今年は鳴りを潜めている。

「以前なら、日本に点が入るたびに選手たちと一緒になって大声を出したり、ガッツポーズをしていた中居でしたが、今回はすっかりおとなしくなり、うれしさを噛み締めているように感じます。解説者のコメントに割り込んでのリポート回数も減った印象です」(テレビ関係者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差