TBSのWBC関連番組“放送事故男”は映り込み師? 過去に映画エキストラで多数出演の情報も

公開日: 更新日:

 WBCについて報じるニュース番組の中継に相次いで映り込んで視聴者の話題をさらった「謎の男」。3月6日放送の「news23」と9日放送の「THE TIME,」(共にTBS系)のスポーツコーナーの中継先に何をするわけでもなくリポーターの背後に陣取り、視聴者から「放送事故」と不気味がられたあの男性の素顔が明らかになってきた。

 前回の日刊ゲンダイの報道後、さらに調査取材を進めたところ、当該の男性とみられる人物はこれまでにもニュース番組の中継先などにたびたび出没。今回と同様に中継には一切関与しないものの、常に画面の好位置に映り込み、一部視聴者からその存在を認識されていた。また、当該男性の名前とみられる人名をネット検索すると、おびただしい数の映り込んだ瞬間のテレビ画面が出てくるほか、本人のものと思われるツイッターアカウントも発見された。

 さらに、映画に詳しい週刊誌記者はこの男性について、これまでに多数の映画にエキストラとして出演経験があると明かしつつ、以下のように指摘する。

「この方はエキストラとしての出演に飽き足らず、中継先の映像に映り込む『映り込み師』としての活動に手を広げているのではないでしょうか。また、テレビ業界での知名度もあるため、『news23』の小川彩佳アナウンサーや『THE TIME,』の安住紳一郎アナウンサーが、その存在を知っている、しかも放送を妨害しない存在であることが分かっているがゆえに、中継中に言及した可能性はあります。ちなみに、『映り込み師』として一部視聴者から知られている方は他にもいます。メジャーなところですと、台風中継の際に駅前で派手な色の帽子で映り込む方がそれです」

 誰かに迷惑をかけているというわけではないが、公共の電波にタダ乗りして承認欲求を満たしているのだろうか?

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」