城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

工藤静香の相次ぐ“炎上”で思い当たること…アイドル人気だった男性タレントの結婚の難しさ

公開日: 更新日:

 3月2日に放送されたNHKの歌番組「SONGS」の中島みゆき特集に工藤静香(52)がゲスト出演した際、曲の解釈を巡って炎上する出来事があった。また、2月に発表された「ブルーリボン賞」でも、娘のKoki,(20)の新人賞受賞を巡って“親の七光”といった批判が出た。

 家族がなにかと批判的にSNSなどで扱われることが多いと感じて、思い当たることがある。

 それが理由だと断定することはできないが、夫であり、父親である木村拓哉(50)の存在の大きさを考えたい。

 木村と工藤が結婚したのが2000年のこと。キムタクファンの悲鳴は凄いものがあった。その後、工藤が絵画の二科展に入選したりして芸能メディアの取材を受けた時も、当然のように記者たちから「ご主人は何と言っていましたか?」と質問があり、翌日の紙面にはそれが掲載された。

 すると、当時のSMAPのマネジャーから工藤側にクレームが入ったという。そんな質問は遮るものだと抗議されたらしい。工藤側は「そんなことできないよ」と思いながらも、天下のキムタクだから仕方ないと聞いていたらしい。キムタク側のマネジャーも、結婚したことは事実であっても、できるだけファンに意識させたくないというのもわかる。ジャニーズの結婚も多くなっているが、相手が一般人ということで、こちらはそれ以上の情報を出さずに結婚のイメージを薄くさせている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽