のん“独立で不遇の8年” 地上波復帰を期待する声 日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞なるか

公開日: 更新日:

のんも7月で30歳

 今やNetflixなど、地上波以外にも活躍の場は広がり、のんも自身のYouTubeチャンネルでライブ動画などを配信しているが、チャンネル登録者数は7.6万人程度と伸び悩んでいる。

「やはり地上波で『女優のん』をもう一度見たいという声は少なくありません」(前出・芸能ジャーナリスト)

 のんも今年7月で30歳。その間、新たな才能が活躍を見せている。

 今回のんと同じく優秀主演女優賞を受賞している岸井ゆきの(31)、広瀬すず(24)、吉岡里帆(30)といった同世代の女優も、「日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞にノミネートされている。

《さかなのこ、のんさんのミー坊よかった》《ぜひ、のんに取ってほしい!》《この並びに「能年玲奈」がいること自体がすごいこと》《いろいろあったけど、見返してほしい》

 ネット上には、のんを応援する声が少なくない。


 映画の賞レース自体、大手芸能事務所への忖度などが囁かれているが、ジャニーズ事務所から独立した草彅剛(48)が、一昨年「ミッドナイトスワン」(20年公開)で「第44回 日本アカデミー賞」最優秀主演男優賞を受賞した前例もある。

 もし仮にのんが受賞したら、再び地上波での活躍が見られるだろうか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至