TBS日曜劇場は正念場…「ラストマン」視聴率は主演の福山雅治より大泉洋が頼り

公開日: 更新日:

TBSの看板枠、日曜劇場もいろんな意味で正念場ですよね」(スポーツ紙芸能担当デスク)

 次の4月期は福山雅治(54)主演の「ラストマン-全盲の捜査官-」。公式HPには、《全盲の人たらしFBI捜査官と犯人逮捕のためには手段を選ばない孤高の刑事が凸凹バディを組んで難事件に挑んでいく》《新時代の痛快バディドラマ》なんて書かれている。

「4月期のフジテレビ系月9が木村拓哉主演とあって、かつての“抱かれたい男”ツートップの争いが話題になっていますけど、日曜劇場はこのところ失速気味。昨年10月期の『アトムの童』に続いて、1月期の『Get Ready!』も全話平均1ケタで終わりそうです。福山で巻き返したいところでしょう」(在京キー局関係者)

 福山の連ドラ主演は、2019年4月期の日曜劇場「集団左遷!!」以来で、当時、銀行支店長を演じた福山の評価はパッとしなかった。

「数字的にもあまりパッとせず、途中、世帯視聴率7%台まで落ちた。後半やや盛り返して、ギリギリ全話平均2ケタを死守した感じです。《福山人気にかげり》なんてコキ下ろされた雪辱を果たしたいところでしょうけど、若返りを図ろうとした日曜劇場の固定ファン離れもささやかれているだけに、苦戦を強いられる可能性も。『ラストマン』は年配の視聴者向けのようですが……」(テレビ誌ライター)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ