NHK船岡久嗣アナのストーカー逮捕でとばっちり? 次々明らかになる看板女子アナの“私生活”

公開日: 更新日:

 とんだ「とばっちり」だろう。ネット上では、すでにストーカー被害を受けた女子アナの名前が「特定」されている。

 NHKの女子アナが住むマンションに無断で侵入したとして、20日、邸宅侵入の疑いで逮捕されたNHK札幌放送局のアナウンサー、船岡久嗣容疑者(47)に対し、警視庁がストーカー規制法に基づく禁止命令を出していたことが分かった。

 事件が起きたのは2月17日午後11時半ごろ。東京都中野区のマンションに、好意を寄せる後輩アナが住んでいることを突き止めた船岡容疑者は、「東京出張」を利用して女性宅を訪れた。

「船岡が東京にいることを知った女子アナは、知人男性に頼み、家で待機してもらっていた。部屋で男性ともみ合いになった船岡はマンション3階の共有部分から飛び降り、車の上に落下した。警察は船岡のケガの回復を待って逮捕。NHKはすぐに事件を公表しなかったが、通報した知人男性がテレビ局勤務だったため、民放が報じて表沙汰になった」(メディア関係者)

 船岡アナは妻子持ちで、後輩アナは20代の独身だ。NHKは自局の女子アナが被害に遭ったことも公表していないが、事件をきっかけに2人が数年前まで同じ支局に勤務していたことや、当時の不倫疑惑まで報じられるなど、女子アナの私生活が次々と明らかになっている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差