西島秀俊の長男が超難関私立小に合格と報道も 芸能人子息“お受験記事”が週刊誌から消えたワケ

公開日: 更新日:

 昨年12月、「週刊女性PRIME」が西島秀俊(51)とその息子について、「超難関私立小のお受験に合格! 倍率10倍を突破させた“イクメンパパな素顔”」と報じた。2人いる息子のうち、長男がお受験に合格したという。ただ今のところ、芸能人の子どもの小学校受験を伝える記事はこれ一つに留まっている。

 少し前まで、芸能人は子どもが生まれる前から「ついに妊娠か?」などと追い掛け回され、無事生まれると今度は赤ちゃんを抱っこしている姿や、公園で一緒に遊ぶ姿が伝えられてきた。

 さらに子どもがお受験シーズンになると、「どこを受ける」「どんな塾に通っている」「どこに合格した」という報道があり、家族で一緒に買い物をしている姿やディズニーランドでのプライベートショットなど、芸能人ファミリーを扱った多くの記事が出たものだ。ところが最近は、この手の記事をほとんど見かけない。

「かつては、お受験に関して、女性誌などは『〇〇小学校』と具体名まで報じていましたし、運動会など、学校内の運動場で当たり前のように撮影されていました。しかし、2001年に児童が無差別に殺傷された『大阪教育大学附属池田小事件』がきっかけとなり、あらゆる学校で関係者以外の人物の立ち入りが制限されるようになりました。特に幼稚園、小学校周辺での取材は厳しく制限されるようになりましたね」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで