南沙良「女神の教室」で急ブレーキ…容姿も性格もそっくりな“のん復活”で計算が狂ったか

公開日: 更新日:

 フジテレビ系月9ドラマ「女神の教室~リーガル青春白書~」が伸び悩んでいる。初回こそ視聴率が10%台を超えたが、その後、6%台にまで落ち込んだ。主演を月9初となる北川景子(36)が務め、その生徒役のロースクール生として、売り出し中の南沙良(20)が出演するとあって、期待の声が高かっただけに、番組関係者は困惑しているという。

■「鎌倉殿」で注目

 南はNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で源頼朝の長女・大姫役が評判になった女優だ。可憐な少女が徐々に体と心を病んでいき、非業の死を遂げるという役を見事に演じたことで評価を上げた。今作では、他人にも自分にも厳しいしっかり者の女性を演じている。

「南が演じるキャラは、あまりに可愛げがなく視聴者の評判が良くありません。言い換えれば、それくらい南の演技が素晴らしいということなのですが、どうしても『のん』こと能年玲奈とキャラがかぶり、比較されてしまうのが彼女のつらいところです」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 のんは2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のほんわかとしたキャラと演技で多くの人の心を掴んだ。しかし15年に当時の所属事務所・レプロエンタテインメントとの関係悪化が表面化。双方が弁護士を立てて争うまでになり、その結果、芸名であり本名の「能年玲奈」が使用できなくなって改名した。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?