若き日のさんまちゃんにいたずら 楽屋で「こんな女の子を連れ込んだでしょ?」と囁くと…

公開日: 更新日:

明石家さんまの巻(1)

 昔、関西の方で凄く人気になっている芸人さんがいて、野球選手のモノマネをするらしいって。それが若い頃のさんまちゃん。アタシのまわりでも評判になっていました。

 でもアタシは、モノマネよりもしゃべりがうまいんだから、そっちに専念した方がいいんじゃないかなって、初めて見たときそう思ったの。野球の小林繁さんのモノマネだったかな。あまり野球は詳しくないのでピンとはこなかったのかもしれないけど。東京に出てきて、しゃべりに専念されてから急激に人気が出たんじゃなかったかな。アタシの目に狂いはなかったわね(笑)。

 さんまちゃんも堺正章さんのことを尊敬していて、コケ方や、しゃべり方なんかも随分と参考にしていたと思う。「天皇の料理番」をやった時なんか、堺さんにそっくりだったでしょ。

 あの世代の笑いの世界の人たちは必ずと言っていいくらいどこかに堺さんの影響を受けていますよね。アタシだってあのコケ方は堺さん直伝だし(笑)。

 もう時効だから話すけど、さんまちゃんが押しも押されもしない人気者になった頃のこと。アタシが引っ越しをすることになり、目星をつけたマンションの相談をしに不動産屋さんへ行ったのね。そしたら、そのマンションには有名人がお住まいですっていうわけ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」