泉ピン子が“ガーシー化”?…「渡鬼ファミリー」からツマはじきにされ四面楚歌ヤケクソ

公開日: 更新日:

 芸能人の暴露ネタをユーチューブ上でさらしまくったNHK党のガーシー東谷義和氏)参院議員は、昨年7月の初当選から一度も国会に登院せず、憲政史上、初の免職になる可能性が出てきた。

 そんな中、“女版ガーシー化”が懸念されているのが女優の泉ピン子(75)だという。ピン子は、仕事を干され、失うものが何もない状態に追い込まれ、もうヤケクソだと言うのだ。

 全てのはじまりは、一昨年4月、95歳で亡くなった脚本家・橋田寿賀子氏の「三回忌」に合わせ、2023年に放送される追悼ドラマ「ひとりぼっち」の制作発表だった。主演は嵐の相葉雅紀上戸彩。さらに脇を固めているのが角野卓造、中田喜子、藤田朋子、えなりかずき。さらにナレーションは石坂浩二と、橋田の代表作である「渡る世間は鬼ばかり」のレギュラー出演者が勢ぞろいする。ドラマの監督も「渡鬼」の清弘誠氏が務めるのだ。ところが、制作発表になぜか「渡鬼ファミリー」の一番手として知られたピン子の名前が見当たらない。

「『ひとりぼっち』のプロデューサーは『渡鬼』でもプロデューサーを務めた石井ふく子が務める。まさに石井プロデューサーの独断でピン子をキャスティングから外したんです」(事情通)

 橋田ドラマの常連であるピン子が追悼ドラマのキャスティングから外された理由は2つあるようだ。

「一番はピン子以外の橋田ファミリー全員からNGを突き付けられたことです。その多くが『ピン子が出るなら出演しない』とかたくなな態度を取ったことです。もう一つは世間を騒がせた散骨問題です。ピン子はなぜか、突然、橋田の遺骨を持っていると主張した挙げ句、『海洋散骨』を実施したと言いだした。このトラブルを局の上層部も嫌ったと言われています」(芸能プロ関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道