「ちむどん」4きょうだいの“明暗”…黒島結菜と竜星涼はイメージ脱却できず苦戦

公開日: 更新日:

 演じた役柄を、次のドラマでも引きずってしまう……「特にNHK朝ドラではありがち」(テレビ誌ライター)らしいが、最近なら2022年前期の「ちむどんどん」の出演者たちも、悲喜こもごもがある。ヒロイン・暢子を演じた黒島結菜(25)。放送当時は、暢子のキャラに《とにかく厚かましい》《行き当たりばったり》なんて容赦ない声が殺到したものだ。

「朝ドラのヒロイン後は通常少し休むのですが、黒島さんはすぐに連ドラ『クロサギ』(TBS系)にヒロインとして出演。暢子アレルギーが残っていたせいか、結果、《暢子にしか見えない》《キャンキャンしたしゃべり方が耳障り》などと、『クロサギ』でも厳しめの意見が多めでした。ところが、ヒロインの姉妹を演じた2人は、売れっ子路線に完全に乗っています」(在京キー局関係者)

 2人とは、川口春奈(28)と上白石萌歌(22)だ。川口は昨年放送の話題沸騰の連ドラ「silent」(フジテレビ系)でヒロインを。2022年の年間CM女王に輝いたことも先日発表され話題になった。上白石は「警視庁アウトサイダー」(テレビ朝日系)に出演中で、視聴率はいま一つだが、《萌歌ちゃん、コメディーセンスがある!》なんて好意的な書き込みが目立つ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今