テレビで急にモテモテ山口真由の泣きどころ…ライバル三浦瑠麗が画面から消えたのに

公開日: 更新日:

 夫の詐欺疑惑でテレビから三浦瑠麗(国際政治学者)が消えて、いまアチコチからお呼びがかかっているのが、この人。東京大学大学院の博士、上級国民一家、華麗なキャリア、国際系、そして女性という同じポジションの山口真由(元財務省官僚・ニューヨーク州弁護士)だ。

 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」とCBC、TBS系「ゴゴスマ」のコメンテーター掛け持ちだけでも大忙しなのに(月曜はハシゴ)、ここにきてバラエティー番組の出演オファーや講演依頼が急増。講演料も100万円近くに跳ね上がったという。

「ワイドショーや情報番組の女性コメンテーター枠は主婦・ママタレ系、弁護士・医者系、オネエ系、元スポーツ選手系、インテリ・教授系などがあります。そのインテリ・教授系の中で三浦と山口が突出していたのですが、敵失で山口が勝ち残ったということです。このところ、番組で司会の羽鳥慎一や石井亮次に話を振られると、声が弾んで表情豊かにコメントするようになりました。ライバルがズッコケて、余裕ができたんでしょうかね」(構成作家)

 とはいえ、山口が秀抜なコメンテーターというわけではない。むしろ評価は低い。わかりやすく専門的な解説をするわけでも、ハッとするような鋭い指摘をするわけでもなく、何を言いたいのか意味不明なことが多い。連続強盗の闇バイトについても、「(多重債務に追い詰められて)闇バイトに行くような人たちって、こういう犯罪集団の方がより身近で、弁護士とか行政がより遠いというのは、(私は)すごくショックだったんですよね」(2月6日「モーニングショー」)。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

  3. 3
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  4. 4
    西武・平良海馬「マイナー契約では絶対行かない。行く意味がない」…あけすけに語ったメジャー挑戦への青写真

    西武・平良海馬「マイナー契約では絶対行かない。行く意味がない」…あけすけに語ったメジャー挑戦への青写真

  5. 5
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  1. 6
    西武・甲斐野央に聞いた「ソフトバンクを見返したいとは思いませんか?」「後悔はある?」

    西武・甲斐野央に聞いた「ソフトバンクを見返したいとは思いませんか?」「後悔はある?」

  2. 7
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  3. 8
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  4. 9
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  5. 10
    「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方

    「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方