アンタッチャブルは完全復活まで10年 不祥事から復活できるコンビ・できないコンビの境目

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ・アンタッチャブル山崎弘也=47、柴田英嗣=47)の2人が、4月にスタートするゴールデンタイムの番組のMCに就任すると報じられ話題になっている。

 2人がMCを務めるのは「パンドラTV」(フジテレビ系=火曜午後9時)。コンビ結成30年にしての初のゴールデンタイムMC進出は特別な意味がある。というのも柴田はかつて、女性問題でテレビ画面から姿を消していたからだ。

 アンタッチャブルは2004年の「M-1グランプリ」に優勝し、多くのバラエティー番組に進出していたが、2010年から柴田は突如、休業。その後、復活しているが、テレビで見る機会は激減し、その間は、相方のザキヤマこと山崎弘也がほぼピン芸人のようにブレークしていった。

「元交際女性とのトラブルと報じられましたが、詳細は報じられませんでした。結局は冤罪でしたが、警察の事情聴取まで受けたと後に本人がテレビで語っています。真相が報じられぬまま、コンビでの活動が激減したことが臆測を呼び、柴田の休業に関する詳細は、重病説から、ザキヤマとの不仲説まで、まさにアンタッチャブルな“都市伝説”のような扱いを受けていました」(スポーツ紙芸能担当記者)

 2016年にはすでに離婚が成立していた柴田の前妻が「FUNKY MONKEY BΛBY's」のMC・ファンキー加藤と「ダブル不倫」をしていたことが発覚。柴田の名前が再び取り沙汰されることになる。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差