内村光良&日テレ水卜麻美アナがV7!「理想の上司」の変遷を世代別で振り返ると

公開日: 更新日:

 明治安田生命保険が6日、4月に新入社員となる学生を対象に「理想の上司」アンケート調査を実施。1位は男性がタレントの内村光良、女性は日本テレビ水卜麻美アナウンサーが獲得した。内村も水卜アナもともにV7である。

 その理由については、親しみやすさ、やさしい印象からなのだとか。2位は櫻井翔天海祐希、3位桝太一(元日テレアナで同志社大助教)、アンミカ、4位長谷部誠有働由美子アナ、5位設楽統新垣結衣と続く。

「部下を鼓舞したり、バリバリ引っ張っていくような熱血漢タイプは今の若い世代からは、パワハラに見えてしまう。上下関係に厳しい環境で育ってきてもいないので、オレ、オマエ呼ばわりもアウト。同じ目線で寄り添い、自分たちの考えに柔軟に対応してくれるお兄さん、お姉さんタイプを求めているのでしょうね」(某シンクタンク研究員)

 サラリーマンの営業でも、ライバル企業に打ち勝つべく残業させたりするのもアウトだろうし、頑張った一日をねぎらおうと、居酒屋に連れて行くのも、煙たがられてしまうか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった